未来の仕事と子育て by しぃたけ

しぃたけ🍄が、未来の仕事と子育てを考えます!

パーカーを纏った闇【短編小説】

25歳の隼人(はやと)は、走っていると、時々、おかしな感覚になることがある。 特にその日は、その感覚が最も悪い方向に振れた日だった。

未来のビジネスを考えるためには、異世界を創る能力が必要 【未来のお仕事】

今日は、未来で仕事を行うために必要な「異世界を創る能力」について。

気持ちのありようで寿命がコントロールされる時代【未来のお仕事】

ここ数年の間、人の「気持ちの持ち方」が健康に影響を与える研究がニュースの紙面を賑わしています。本記事は、そのような気持ちと健康との関係について一歩踏み込んで考察します。

全てが記録されるARの世界【短編小説】

「トリカブトは毒草として有名ですけれども、その根は漢方では「附子」と言って、心臓を強くしたり新陳代謝を高めたりする薬として昔から使われていたんですね・・・」薬学と植物学を生涯にわたって研究した日野先生は、薬草園に植わるトリカブトの前に立っ…

レコメンド2.0 =Amazonのレコメンドが消費者に飽きられてしまった次に何が来るのか=【勝手に商品開発】

Amazonのレコメンドに象徴されるように、最近はAI(ビッグデータ)を通したお勧めが当たり前となってきています。Amazonだけでなく「気分を解析して、その気分に合わせた音楽をかける」なども商品開発の場ではよくアイデアとして提案されます。すなわち、そ…

お婆ちゃんは眠りながら・・【短編小説】

ある日、私とお母さんとお婆ちゃんでスーパー銭湯に行きました。全員で女湯を楽しんだ後、ちょっと冷たいものでも食べようかとお座敷のあるスペースに場所を確保。お婆ちゃんには留守番してもらい、私はかき氷を受け取り、お母さんは水をとってくる段取りで…

「1+1=2」から、どれだけ話を広げられるか【なんでも教育論】

どんなことでも、色々な方向性に話を広げることができます。例えば「1+1」の解答は算数的には2かもしれないけど、そこから様々な方向に話を膨らませることが可能。今回は、子供の想像力の幅を広げる目的で、親として、どのように話を膨らませて行ったら…

お問い合わせ / プライバシーポリシー